忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

映画『赤い文化住宅の初子』を観た

昨日夜、家に帰ったら向かいの家が火事で丸焼けになっていた。しかもその両隣の住宅やアパートにも飛び火していた。深夜だというのに、警察や消防の方々がざわざわしていた。僕の住んでるトキワ荘は木造だから、よく燃えそうだ。気をつけよう。

今日は休みだったので、朝から読みかけの本を読み漁った。昼飯食って、天気良かったので自転車で羽根木公園まで散歩した。ベンチに座って、つげ義春の『つげ義春日記』を読む。昭和50年から5年間ぐらいの自身の気持ちや周囲の出来事が事細やかに書かれている。ちょうど子供が生まれて成長していく様子が描かれていて、一つの家庭のドラマが胸にグッとくる。引越しもやたら多い。時折差し込まれる当時のつげ一家の写真がまた良い。なんだかしみじみ「生きている」と感じる写真ばかりだ。つげ漫画は暗いが、つげさん自体もやっぱり暗い。けれど、暗いなりに生きていこうと覚悟を決めて、日々前進していこうとしている姿が見える。なんだかんだ言って強い人だと思う。憧れる。

夕方、自転車で渋谷まで行ってシネ・アミューズでタナダユキ監督の最新作『赤い文化住宅の初子』を観てきた。タナダ監督のは『タカダワタル的』しか観ていない。でも、とても懐かしかった。描かれた広島の貧乏生活は、どこか他の場所、人の幼い頃の記憶の場所にあるものと同じ匂いがした。それは、僕の少年時代にもどこか重なった。たぶん、観る人それぞれの少年・少女時代の思い出に繋がる強い普遍性があるんだ。そういう世界観を頑として持っている映画は、何年経っても古びない、けれどとても懐かしい、ふるさとの匂いがするような気がする。そして、何より音楽を豊田道倫さんが担当しているのだ!豊田さんのせつないアコギが物語の随所に色を加えている。映画館の人に頼んで、お店に置く用のチラシを大量にもらった。ありがとうございました。

酔うと、説教臭くなってしまう。これを聞く人、かなり疲れるんだろうなぁ~。でも、しょうがないよな。

イベント準備、頑張ろう。助けてもらうことも、たくさんある。本当にみなさんありがとう。ちゃんとしたイベント、やる人も観る人も楽しめるものにしたい。そして、「またやろう!」と思えるものにしたい。ここ1ヶ月が勝負だ。

今日のBGM:豊田道倫/映画『赤い文化住宅の初子』サントラ
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
佐藤正訓
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/04/15
職業:
ハヤシライスレコード
趣味:
名画座と古本屋めぐり
自己紹介:
レーベル:【ハヤシライスレコード】
イベント:【都会の迷子さん】

【ハヤシライスリリース情報】
■三輪二郎といまから山のぼり『おはよう おやすみ』(HAYA-1)
■前野健太『さみしいだけ』(HAYA-2)
■壊れかけのテープレコーダーズ『聴こえる』(HAYA-3)
■アカシモモカ『コスモポリタンパレード』(HAYA-4)
■いなかやろう『すばらしい日々』(HAYA-5)
■住所不定無職『ベイビー!キミのビートルズはボク!!!』(HAYA-6)
■オニ(fromあふりらんぽ)『SUNWAVE HEART』(HAYA-1001)

上記作品、全国レコード店にて好評発売中です!

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析

お天気情報

FX NEWS


-外国為替-

過酷人生ゲーム

忍者アナライズ