忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自分の事ができてからでいいよ

朝っぱらから読書。今日読んだのは、中島義道さんの『ひとを愛することができない』。中島さんの本は、以前から好きで何冊も読んでいたが、今回読んだものはかなりの異色作だと思う。僕は、彼の孤独や生きにくさを取り上げたもの、その洞察力に優れた論考が大好きなのだが、今回のは孤独とかそんなものでは語りつくせない「愛」というものの根源の暗さが前面に出ている。読んでいて、何度も目を伏せたくなるシーンがある。中島さんのことが嫌いになったり、腹が立ったり、でまた嫉妬したりいろんな負の感情がむき出しになってしまう。「愛」て言葉、みんな割りと明るいものとして使ってると思う。僕もそうなのだけれど。でも、そんな生易しいものではないんだと感じました。僕が普段考えている愛なんて、それはホントに愛と呼べるものなのか、甚だ不安になってしまいました。全く無暗に考えさせる人です、まぁ哲学者てそういう存在なのかもしれないけど。

あと読書話しのついでに、オーケンさんの『神菜、頭をよくしてあげよう』がついに文庫化されました!これはホントに面白い!何にも考えず、空っぽにして読むとたまらないです。て言って、たまにググッと考えさせるとこもある。普段の自分の行いを鑑みさせられたりします。でも、個人的にオーケンさんの文章ではバンドの裏話的なこととかが好きです。自分はバンドマンではないけど、今いろんなバンドさんの周りでウロチョロさせていただいてると、オーケンさんが心配してるバンドマン、ライブのことなんかが凄く生々しく感じます。

読書、やっぱり大好きです。いろんな人と話したり、ライブ観たり、映画観たりも大好きだけど、やっぱり自分の原点は本かなって思います。高校ぐらいから、浪人時代、そして大学生活、ずっと本ばっか読んでました。本が友達、第一の親友でした。永井荷風や太宰治、そして寺山修司が師匠でした。でも、本だけでは生活できない、生きていけないということも年を重ねるにつれてわかってきました。町へ出て、いろんな人と出会い、話し、別れ、その中でしか人は生きていけないんだと思いました。だったら、それを少しでも楽しめるようにしていきたい、失敗や誤解、虚しさを積み重ねながら、それでも今より少しでも楽しんで生きていけるよう頑張る、それだけです。ホントに。

仕事のこと、冊子のこと、イベントのこと、いろんなこと考え悩みながら、少しでも行動していきたい。前進していきたいです。

今日のBGM:ニーネ/自分の事ができたら
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
佐藤正訓
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/04/15
職業:
ハヤシライスレコード
趣味:
名画座と古本屋めぐり
自己紹介:
レーベル:【ハヤシライスレコード】
イベント:【都会の迷子さん】

【ハヤシライスリリース情報】
■三輪二郎といまから山のぼり『おはよう おやすみ』(HAYA-1)
■前野健太『さみしいだけ』(HAYA-2)
■壊れかけのテープレコーダーズ『聴こえる』(HAYA-3)
■アカシモモカ『コスモポリタンパレード』(HAYA-4)
■いなかやろう『すばらしい日々』(HAYA-5)
■住所不定無職『ベイビー!キミのビートルズはボク!!!』(HAYA-6)
■オニ(fromあふりらんぽ)『SUNWAVE HEART』(HAYA-1001)

上記作品、全国レコード店にて好評発売中です!

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析

お天気情報

FX NEWS


-外国為替-

過酷人生ゲーム

忍者アナライズ