忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

青春ごっこを続けながら まだ旅の途中

今日、昼休憩に神保町の三省堂本店へ行ったら中島らもの新しい文庫本が出ていた。迷わず買った。帰りの電車で読みふけった。らもさんの文章は大好きです。僕のような脱落者にとってらもさんのような存在はホント支えになる。何かやらかしたくなる。
で、らもさんの文章で思い出すのが、フラカンの「深夜高速」という曲。この曲の中で歌われる「生きててよかった そんな夜を探してる」て歌詞は、らもさんの『僕に踏まれた町と僕が踏まれた町』てエッセイの一つから圭介さんがヒントを得たものだそうだ(ダイノジさんが語っていた。)。若くして自殺してしまった友人への向けて、らもさんが最後に言う言葉、「めったにはない、何十年に一度くらいかもしれないが、『生きててよかった』と思う夜がある。一度でもそういうことがあれば、その思いだけがあれば、あとはゴミクズみたいな日々であっても生きていける~」て感じの言葉だったと思う。
どんなにどうしようもない最低の人生でも放棄だけはしたくないぞ、とまた青臭いことを考えてしまう日々です。

昨日は、ゲラーズのレコ発でmapさん企画イベント『寺へ』にお邪魔してきました。
シチュエーションといい、出演者といいとってもナイスショットなイベントでした。自分もイベントやる側として、とても参考になった。少し夢が膨らんだ。
map小田さんと円盤田口さんのレコード寄席はなかなかやれそうでできない。しかも、お寺でやってしまうところがスゴイ。
三田村管打団?、テニスコーツも初めて観させていただいた。タメになった。
nhhmbaseは噂以上にもの凄かった。次回のイベントで声かけてみたくなりました。
そして、ゲラーズ!トクマルバンドとは全然違った。ぐちゃぐちゃのドロドロとした青臭さがプンプン観ているこちらにも漂ってきた。どうしようもない怒り、諦めみたいな形にならない感情がいろんなところから音として発せられていた。圧倒されてしまった。
出演者の皆さん、スタッフの皆さん、お邪魔しました。お疲れ様です。

ライブ後、バサラブックスの福井さんと迷子さんのチラシを配った。その場で反応してくれる方もいてうれしかった。頑張ろう。
帰り、新宿で福井さんとラーメンを食べてお疲れ様した。
福井さんは、僕より1つしか年齢違わないがホント頼りになる人だ。僕のような変な奴を、いろんな素晴らしい人と出会わせてくれる。ありがたいことです。いつか恩を返せればと思う。いつになるかわからないけれど。
とりあえず、頭にあることいろいろやってみよう。で、結果を見てまたいろいろ考えていこう。当たり前のことだ。

あ、イベント『都会の迷子さん』のコミュニティを作りました。よかったら参加してください。よろしくお願いします。

今日のBGM:RCサクセション/涙でいっぱい

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
佐藤正訓
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/04/15
職業:
ハヤシライスレコード
趣味:
名画座と古本屋めぐり
自己紹介:
レーベル:【ハヤシライスレコード】
イベント:【都会の迷子さん】

【ハヤシライスリリース情報】
■三輪二郎といまから山のぼり『おはよう おやすみ』(HAYA-1)
■前野健太『さみしいだけ』(HAYA-2)
■壊れかけのテープレコーダーズ『聴こえる』(HAYA-3)
■アカシモモカ『コスモポリタンパレード』(HAYA-4)
■いなかやろう『すばらしい日々』(HAYA-5)
■住所不定無職『ベイビー!キミのビートルズはボク!!!』(HAYA-6)
■オニ(fromあふりらんぽ)『SUNWAVE HEART』(HAYA-1001)

上記作品、全国レコード店にて好評発売中です!

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析

お天気情報

FX NEWS


-外国為替-

過酷人生ゲーム

忍者アナライズ