忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

RCサクセションがきこえる

下北沢CLUB QUEにてパイナップルフリーウェイのレコ発を観てきました。仕事の都合で1番手のドカンズは観れず、片山ブレーカーズから。初めて観ましたが、ロックンロール全開でエンターテイメント性も抜群!面白かったです!そして、この日の主役パイナップルフリーウェイの登場!彼らのやっているロックは、今の日本のロックシーンではかなり時代遅れ、流行とはまったくかけ離れたとっても古臭いロックンロールだ。みんなが、核兵器を持っているのに一人だけ拳銃だ。絶対、勝ち目は無い。けれど、そんな絶対勝ち目のない勝負を彼らは挑み続けている。僕はその姿に何だか胸がむちゃくちゃ熱くなってしまう。こういう真っ直ぐなロックンロールバンドが僕は大好きだ。頭良さそうな、アバンギャルドぶったロック、意味ありげでちっとも意味の無いインテリロックもどきな音楽なんか嫌いだ。ロックンロールは、ロックンロールしかできないロクデナシのための音楽。馬鹿で恥ずかしい生き方して、それでも必死に生きていこうと思う人の音楽だと思うのです。今日の彼らのライブを観ていたら、そんなわかりきったこと、青臭くて誰にも言えないことを再確認した。ありがとうございました!

ライブ後、久しぶりにフリーペーパー『JUICE』のライター田代洋一さんに会った。田代さんは、僕の憧れの人です。一昨年のライジングサンロックフェスティバルで知り合いになったのですが、彼が以前出版した『ロックな生きかた』という本は、僕がこの仕事をしているきっかけになりました。大学4年の時、周囲がみんな髪短くしてリクルートスーツ着て、黒ぶちメガネとかかけだしたのを見て、僕はこういうことはできないと思った。それが、大好きなロックンロールとは正反対のものに思えたからだ。自分に嘘はつきたくなかった。つけなかった。やりたいことやって死のうと決心しました。「俺の道」(エレカシ)「まんが道」(藤子不二雄)突き進むのみです。

そして、パイナップルフリーウェイのレーベルの社長さんにご挨拶させていただきました。このお方は、昔忌野清志郎さんの宣伝マンをされてた方なのです!RC当時の貴重なお話も聞かせていただき、お土産までいただき、本当にありがとうございました!!

イベント企画と冊子作成も今月中に何とか具体的なものにしていけるよう頑張ります。

今日のBGM:忌野清志郎/JUMP

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
佐藤正訓
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/04/15
職業:
ハヤシライスレコード
趣味:
名画座と古本屋めぐり
自己紹介:
レーベル:【ハヤシライスレコード】
イベント:【都会の迷子さん】

【ハヤシライスリリース情報】
■三輪二郎といまから山のぼり『おはよう おやすみ』(HAYA-1)
■前野健太『さみしいだけ』(HAYA-2)
■壊れかけのテープレコーダーズ『聴こえる』(HAYA-3)
■アカシモモカ『コスモポリタンパレード』(HAYA-4)
■いなかやろう『すばらしい日々』(HAYA-5)
■住所不定無職『ベイビー!キミのビートルズはボク!!!』(HAYA-6)
■オニ(fromあふりらんぽ)『SUNWAVE HEART』(HAYA-1001)

上記作品、全国レコード店にて好評発売中です!

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析

お天気情報

FX NEWS


-外国為替-

過酷人生ゲーム

忍者アナライズ