忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あたらしい歌を探すのが それだけが僕の楽しみさ

9c611bbajpeg昨日、旧い友人と鎌倉へ行って来た。毎年、鎌倉に行くのが旧友との約束なのだ。今年も行けてよかった。江ノ電にも乗った。昨晩ほとんど寝てなかったので、海を見ながらウトウトしてしまった。風がよかった。また、夏がはじまるんだと実感した。
夕方、老舗じゃない喫茶店ミルクホールで語り合う。と言っても、僕が語りつぶす。友人はニヤニヤして聞いてくれていた。その笑顔、いつまでもあれと思った。ありがとう。
夢のこと、将来のこと、生活のこと、それはてんでバラバラなものではなく、一つの線で結ばれているのだと思う。それをしっかりとした線にするため、残りの20代はそのための時間なのではないかと、そう思った。
ミルクホールは1年前に来たのだけれど、相も変わらず素敵な雰囲気で充満していた。観光客とそうでない地元の客と、それぞれの気持ちで居心地よく過ごせる場であった。コーヒー美味しかったぁ。

3234196djpeg久しぶりの好天、大仏さまも気持ちよさげであった。
アイスクリームもすぐにトロトロと溶けて口周辺がベトベトになってしまった。
こういう観光名所へ行くと、何故か必ず写真を撮るのを頼まれてしまう。頼まれたそうな顔してるのかな。で、今回も家族連れの写真を撮ってあげました。
イチャイチャカップルばかりの中、一人で来ている女性が何ともカッコよいなぁと思った。凛とした美人さんであった。正に、孤高だった。
鎌倉文学館では、詩人の田村隆一展が開催されていた。実は、今回の最大の目的がこれだった。彼の詩は、一度読んだだけでは半分も理解できない。何度も何度も噛んで味わう必要がある。それだけの価値がある。
ちょうどその前の日、前野健太くんから田村隆一の本を借りた。今から、少しずつ味わいながら読んでいきたいと思う。

ee23ecb4jpeg31日は、東高円寺のUFOCLUBで今回発売されたコンピのレコ発イベントにお邪魔しました。こどものこども、3月の三輪くんレコ発以来にお会いしました。相変わらず最高のメロディーとうた、堪能しました。ありがとう。
そして、前野健太withおとぎ話、今回は初の撮影を試みました。何だかはじめは緊張したけど、だんだん楽しくてたまらなくなった。彼らの音楽、みなぎる音楽がそうさせたんだと思う。彼らが好きだ、と当たり前だけどあまり口には言わないこと、今さらだけどそれでも何度も実感することを言葉にしたくなった。でも、彼らの音楽がそばで鳴っている。それだけで、もう何もいらないんだと思った。
隣にいた西田くんに、このままこのライブがいつまでも続けばいいのにねって話した。彼は元気に頷いてたよ。
ホント、久しぶりに「ずっと終わらないでいてほしい」と、そう思えるライブだった。宴だった。確かに心が満ちていく時間がそこにはあった。
三月のブルース、豆腐、鴨川、SAD SONG、キラキラとした新曲たちが、いろんな表情を浮かべながらUFOCLUB中に笑顔をふりまいていた。みんな、確かに笑顔だった。涙も、そう。涙も笑顔だった。

ライブ後は、高円寺の中華屋で漫画家の本さん、本さんの友人さん、前野くん、有馬くん、UFOCLUBチカさんと楽しいひととき、夢のなかにいた。お店を出たら、もう夜明けが顔を覗かせていた。
それぞれの場所へ帰っていく。また明日、旅立つために。当たり前だけど当たり前とは言い切れないことばかりの毎日だ。感謝しなければならない。

30日、三輪くんのライブ。企画のアニュウリズムくんの弾き語りにはまいった。思わずCDを買った。トクマルシューゴくんもよいけど、アニュウくんも素晴らしいよ。聴いてほしいなぁ。
今回は、三輪くんと二胡の吉田くんコンビ。このコンビ、何だか好きだ。音の隙間がここちよい。新曲、カッコよかった。期待してしまう。出不精のバラッド、最近のいろんなこと考えながら聴いてたら、自然涙目になってしまった。恥ずかしいことばかりだけど、そんでもね風を感じて、その心は忘れたくはないものです。
帰り、お2人と新高円寺の駅前のラーメン屋で軽い打ち上げ。問題はあるけど、進まねばならないと思った。

やらねばならないこと山ほどある。よいことだと思う。
やりきれないこともたくさんある、悔しいけど仕方のないことだと思う。

そいえば、鎌倉から友人と別れひとり新宿湘南ライナーで帰ってくるとき、久しぶりに「ロマンスカー」をウォークマンで聴きながら帰った。
車窓を見ながら、「これから東京へ帰るんだ」と思った。東京のうたが好きだと思った。
「あたらしい歌を探すのが それだけ僕の楽しみさ」(SAD SONG)、ホントそれしかないと思った。
もはや僕には、それしか何もないことを実感するようになった。生きていかなければならない。

今日のBGM:アニュウリズム/ドラヤキの歌

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
佐藤正訓
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/04/15
職業:
ハヤシライスレコード
趣味:
名画座と古本屋めぐり
自己紹介:
レーベル:【ハヤシライスレコード】
イベント:【都会の迷子さん】

【ハヤシライスリリース情報】
■三輪二郎といまから山のぼり『おはよう おやすみ』(HAYA-1)
■前野健太『さみしいだけ』(HAYA-2)
■壊れかけのテープレコーダーズ『聴こえる』(HAYA-3)
■アカシモモカ『コスモポリタンパレード』(HAYA-4)
■いなかやろう『すばらしい日々』(HAYA-5)
■住所不定無職『ベイビー!キミのビートルズはボク!!!』(HAYA-6)
■オニ(fromあふりらんぽ)『SUNWAVE HEART』(HAYA-1001)

上記作品、全国レコード店にて好評発売中です!

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析

お天気情報

FX NEWS


-外国為替-

過酷人生ゲーム

忍者アナライズ