忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この世で一番キレイなもの

夕方、渋谷のブックファーストに行ったら、「あいんどんわなだい」というコーナーがあった。銀杏BOYZ峯田さんのオススメの本や著書が並んでいた。その中に、早川義夫さんの『たましいの場所』という本も並んでいた。
さっき、家に帰って本棚にあるその本を再読した。涙がこぼれた。自然と、何も考えず涙が出てきた。
醜い、情けない、どうしようもない本来の自分、それを包み隠すことなく表現する人の力強さを感じた。
普段、どうしても対面的にいろいろと取り繕う自分がいる。カッコつけて、カッコつけて、でも全くカッコがつかない毎日。そして、その姿をもう一人の自分が冷たい目で遠くから見ているような気がする。その視線に気づいた時、逃げ出したいくらい惨めな自分の姿だけがポツンと一人、周りから孤立しながら浮いている。
早川さんの本を読んで、もう一度自分をさらけ出していこうと思った。不細工で馬鹿な自分をもっと出していこうと思った。それが本当の意味で歌うこと、そして生きることだと思うから。

夜、渋谷のシネセゾンで『めがね』という映画を観てきた。水曜日は¥1000だったので、夜の回は満員で人が右往左往していた。
この監督の前作『かもめ食堂』は大好きだったのでかなり期待してた。今作は、何か大衆向きにオシャレ感が強まっていた。ちょっと、ついていけなかった。OLの皆さんにオススメかもしれない。ただ、こうゆうのが今受けるんだろうなぁと思った。勉強になった。市川実日子さんがよかった。

月曜日は、高円寺の円盤にライブを観に行った。前野健太とラブクライ三沢さんの新バンドLETTERのライブでした。仕事あがりが遅く、前野くんは半分しか観れなかった。申し訳ないです。でも、ライブは秋っぽくしっぽりしてて良かった。最後の「ダンス」のピアノ・バージョン、もっと聴いてたかった。
LETTER、カッコよかった。三沢さんの歌、とても懐かしい気持ちになった。夢見る少年の頃の自分の姿が立ち上がってきた。永遠に消えない、消せない言葉がちりばめられていた。キレイだった。最後にやったボブ・ディランの「I Shall be released」の三沢さんの付けた歌詞が良かった。
「心に闇があって それに光をあてる 夢の続きじゃない 祈るように叫べ」
帰り、三沢さんのCD-Rを買った。寝るときに聴こうと思う。
円盤田口さんに『都会の迷子さんvol.2』のフライヤーを置いて頂いた。折込して頂けるみたいです。ありがとうございます。田口さんにはホント頭あがらないです。僕も頑張ります。

ライブ後、前野くんたちと、そしてこの日偶然来られていたT田M倫さんと少し呑んだ。T田さんの話面白かった。冗談の中に、フッと心の芯にある大事なことを突き刺してくる、ホント言葉の人だと思った。
帰り、そのT田さんと高円寺から新宿までいろいろ音楽の話させてもらった。これから、自分がこの道で生きていくこと、そしてその中でやっていこうとすることなど話しながら、T田さんの言葉一つ一つが糧になった。ありがとうございました。彼の新譜が12月に発売予定、豪華ゲスト陣、そして本当の歌が詰まった傑作のはずです。
頂いたサンプルCD-Rを聴こうとしたら、中身が空だった。無性に聴きたくなった。

秋の夜は、室生犀星の詩集を読みたくなる。20歳頃、文学青年気取りだった頃、彼の文庫本を読みながら新幹線で彼の故郷金沢へ一人出かけた。真冬の金沢は寒くて暗くてホント淋しい気持ちになった。
でも、あの頃の自分が今の自分を内から育ててくれたんだと思う。良かったんだと思う。
誤解や失敗、どうしようもないことの毎日、そんな日々の思い出も無駄ではない、きっとそうなんだろうよ。

早川義夫/この世で一番キレイなもの
弱い心が指先に伝わって 痛々しいほどふるえている みんなの前で裸になって 縮こまっているみじめな僕
なぜに僕は歌を歌うのだろう 誰に何を伝えたいのだろう もっと強く生まれたかった しかたがないね これが僕だもの
この世で一番キレイなものは あなたにとって必要なもの 僕らを包む壮大な宇宙 ひとしずくの泪 求めあう命
キレイなものはどこかにあるのではなくて あなたの中に眠っているものなんだ いい人はいいね 素直でいいね キレイと思う心がキレイなのさ

今日のBGM:パラダイス・ガラージ/UFOキャッチャー
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
佐藤正訓
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/04/15
職業:
ハヤシライスレコード
趣味:
名画座と古本屋めぐり
自己紹介:
レーベル:【ハヤシライスレコード】
イベント:【都会の迷子さん】

【ハヤシライスリリース情報】
■三輪二郎といまから山のぼり『おはよう おやすみ』(HAYA-1)
■前野健太『さみしいだけ』(HAYA-2)
■壊れかけのテープレコーダーズ『聴こえる』(HAYA-3)
■アカシモモカ『コスモポリタンパレード』(HAYA-4)
■いなかやろう『すばらしい日々』(HAYA-5)
■住所不定無職『ベイビー!キミのビートルズはボク!!!』(HAYA-6)
■オニ(fromあふりらんぽ)『SUNWAVE HEART』(HAYA-1001)

上記作品、全国レコード店にて好評発売中です!

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析

お天気情報

FX NEWS


-外国為替-

過酷人生ゲーム

忍者アナライズ