忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フラカンのインストアライブ企画します!

5d074694jpeg11月28日(水)ディスクユニオン下北沢店にて、フラカンのインストアライブを企画することになりました!
来週発売されるフラカンのベスト盤の購入者に先着にて入場券をお配りします!
閉店後PM9:15頃から開始します。今回は珍しいアコースティック編成でのほほんとしたフラカンライブになりそうです。これから、詳細詰めて行きます。決まり次第こちらのブログに最速で告知します。
ぜひ、多くの方に来て頂きたいです!よろしくお願いします!

フラカンは、僕にとって一番大事なバンドです。この人たちがいなかったら、彼らのライブを観ていなかったら、今の僕の活動はないと思います。
2003年春、初めて彼らのライブを観た。YO-KINGのライブでゲストで出てた。YO-KINGが最初に出てきて「名古屋が生んだ最高のロックンロールバンド、フラワーカンパニーズ!」て言って登場した彼ら。
死に物狂いのライブ、発狂絶叫するボーカル圭介さんの姿、そして胸に深く言葉たち、その全てに魅了された。自分が捜し求めていたものをやっと見つけることができた、そんな気持ちだった。
その時に聴いた「吐きたくなるほど愛されたい」と「発熱の男」は今でも、そして永遠に忘れることはない。それぐらい大事な曲だ。その年は、ライジングサンロックフェスティバルで2日目の深夜にアーステントでフラカンのライブも観ることができた。
それから都内であるライブはほとんど行くようになった。2004年秋に「世田谷夜明け前」というアルバムが発売された。このアルバムの先行レコ発ライブ下北沢シェルター2daysに行った。帰りの小田急線の中で聴いてたら嬉しくて泣いた。1曲目「深夜高速」から最後の「アイムオールライト」まで興奮のしっぱなしだった。
そしていつか、世田谷に、下北沢に住みたいと思った。
2005年は、京都のタクタクまで観に行った。昼は観光したり、とてもいい思い出だ。
2006年、ボーカル鈴木圭介さんの歌詞集が発売された。それを機に、僕の働くお店でサイン会を企画させて頂いた。来て頂いたお客さん、そして圭介さんに喜んでもらえた。良い経験になった。
そして、これからも全力で応援させて頂くつもりです。まだまだこれからです。よろしくお願いします。

そういえば昨日の夜、三茶のサミットで買い物してたらシナロケの鮎川夫婦を見かけました。惣菜コーナーで。
スーパーでも、やっぱりカッコよかった。

やりたいことやるには、多くの犠牲が必要だ。伊達や酔狂じゃない本当の歌、音楽を掴みたい。仲良しこよしの輪の中では何も生み出すことはできない。一人でも一人きりでもやり続けるしかない。それが、自分で決めたことならば。他人の機嫌ばっか伺っても疲れるだけだ。いくらでも出る杭になろう。そしてたくさん打たれよう。もっと強くなるしかない。

今日のBGM:フラワーカンパニーズ/人間の爆発


PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
佐藤正訓
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/04/15
職業:
ハヤシライスレコード
趣味:
名画座と古本屋めぐり
自己紹介:
レーベル:【ハヤシライスレコード】
イベント:【都会の迷子さん】

【ハヤシライスリリース情報】
■三輪二郎といまから山のぼり『おはよう おやすみ』(HAYA-1)
■前野健太『さみしいだけ』(HAYA-2)
■壊れかけのテープレコーダーズ『聴こえる』(HAYA-3)
■アカシモモカ『コスモポリタンパレード』(HAYA-4)
■いなかやろう『すばらしい日々』(HAYA-5)
■住所不定無職『ベイビー!キミのビートルズはボク!!!』(HAYA-6)
■オニ(fromあふりらんぽ)『SUNWAVE HEART』(HAYA-1001)

上記作品、全国レコード店にて好評発売中です!

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析

お天気情報

FX NEWS


-外国為替-

過酷人生ゲーム

忍者アナライズ