忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そろそろ僕も まともな暮らしがしたい

8930fa84jpeg昨日は、UFOCLUBにてバサラブックスさんの2周年記念イベントにお邪魔しました。ちょこっと選曲もやらせて頂きました。内容盛りだくさんのスペシャルな企画、お客さんもたくさんいらしてて素晴らしいイベントでした。
はじめに松倉如子さんのライブ、何故かいつもは渡辺勝さんが伴奏しているところを二胡奏者の吉田悠樹くんがやっていて面白かったです。しかし、松倉さんのうたの力、改めて度肝抜かれてしまいました。
お次は、バサラブックスならではの漫画家さんの紙芝居!大橋くん、頑張ってました。何だか嬉しかった。もちろん皆さん面白かったです!
GELLERS、活動休止前の最後に観るライブでした。何だか名残惜しかった。もっともっと観ていたかった。「locomotion」大好き。
そして、この日のメインイベント漫画家本秀康さんと前野健太くんとのトークショーは、いろいろな発見があった。本さんの言葉は、一つ一つとても重みがあった。でも、全然堅苦しくない。さらりととっても大事なことを言う人。頭の良い人だ。憧れる。
本さんの前野くんへの熱い気持ち、とてつもなかった。何故だか、僕のことも触れられて恥ずかしかった。
トリは、前野健太くん。最初は弾き語りで聴かせてくれる。「鴨川」、アコースティックはとってもしっくりきた。目の前にちゃんと風景が見えた。映像の喚起される、想像力を逞しくさせてくれる音楽はいつでも大事なものが込められたものだ。この曲には、それが詰まっている。楽しみだ。
途中から二胡の吉田くんが参加、「ロマンスカー」なんとなく久しぶりに聴いたような気がする。今日の二胡、いつになく締まっていた。集中力がいつもとは違った。
そして最後は、またまた久しぶりのゆきんこさんがドラムで参加!「SAD SONG」「天気予報」、ビシバシとくるゆきんこさんのドラム、やっぱり大好きだ。

この日は、本さんのサインも入るというので、本さんファンで前野くんのうたに触れた方がCDを買ってくれた。こうゆうつながりというものはとても大事だ。
打ち上げ後はあんまり覚えていない。天下一品のとろとろのラーメンが美味しかった。

バサラブックスの皆さま、どうもお世話になりました。とても楽しかったです。3周年、楽しみにしています。

b392a24fjpeg休日の日、少し春めいたので自転車で経堂までぶらぶらと行ってみた。梅が丘の羽根木公園へ行ってみたけど、もう梅は淋しい感じだった。ちょっとガッカリした。
小田急沿線にポツポツとある古本屋さんを覗くのが好きです。この日は、経堂の大河堂書店さんで田村隆一さんの『ぼくの人生案内』を購入。パラパラとめくっているだけで、いろんな手がかりが見つかった。そいえば、前野くんも田村さん大好きなのだ。
夕方、経堂から世田谷線沿いへ、そして三茶へ。何だか、久しぶりに中央劇場へ行ってみたくなった。近くの初老のおじいさんとおばあちゃんがやっている出店で、フランクフルトを買って腹ごしらえ。2本立てを観た。1本目は、『中国の植物学者の娘たち』、レズの方の話。何だかどうも感情移入ができなかった。でも、こういうこともあるのかぁ~とエッチなシーンを観ながら思った。
2本目の『ヴィーナス』。70歳を超えたおじいちゃん俳優、でも心は20歳の頃と何ら変わらない。若くて美しい女性を見たら、いくつになっても心ときめいてしまうものだ。ある意味、このおじいちゃんはとても幸せだ。僕は、この先年を重ねていくなかで、今のようにときめいていられるかどうも自信がないのだ。自分の全てをさらけ出すことができるか不安だ。でも、守るものも包み隠すことも正直全然ないので、心動かされるままにやはり生きていきたいと思う。悪いようにはならない、そう思う。

ちなみに、三茶中央劇場は来週『逃亡くそたわけ~21才の夏~』をやります。この映画、音楽をTheピーズが担当しているのです。で、そのTheピーズの名作『とどめをハデにくれ』のジャケット写真が撮られた映画館がここなのです。何だか静かに胸がワクワクする組み合わせです。

今日はCDを何枚か買った。楽しみな新譜、エレカシとおとぎ話。この2つのバンドの新作が同じ日に出るなんて、とってもウキウキとしてしまう。そして、どちらもこれからの生活を歌ったうたがつまっている。正直、これからの生活も前途多難、全くのあてのない生活が続いていくことは確かだ。ただ、それをしっかりかみ締めていくことはとても重要な気がする。そして、何よりも望みはまだまだ何も失ってはいない。きっと、ボロボロになってどん底に落ち込んだとしても、それは残り続けるものだと思う。
彼らのうたを聴きながら、普段恥ずかしくて口になんか出せないこと、それなのに何よりも大事なものについて考えたくなった。春を待つ夜は、そんな時間を少しだけゆっくりと流れていくように気づかってくれる。ありがたいことだ。

今日のBGM:みみずくず/ロックンロール
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
佐藤正訓
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/04/15
職業:
ハヤシライスレコード
趣味:
名画座と古本屋めぐり
自己紹介:
レーベル:【ハヤシライスレコード】
イベント:【都会の迷子さん】

【ハヤシライスリリース情報】
■三輪二郎といまから山のぼり『おはよう おやすみ』(HAYA-1)
■前野健太『さみしいだけ』(HAYA-2)
■壊れかけのテープレコーダーズ『聴こえる』(HAYA-3)
■アカシモモカ『コスモポリタンパレード』(HAYA-4)
■いなかやろう『すばらしい日々』(HAYA-5)
■住所不定無職『ベイビー!キミのビートルズはボク!!!』(HAYA-6)
■オニ(fromあふりらんぽ)『SUNWAVE HEART』(HAYA-1001)

上記作品、全国レコード店にて好評発売中です!

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析

お天気情報

FX NEWS


-外国為替-

過酷人生ゲーム

忍者アナライズ