忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヒコーキもしくは青春時代

67b4b61ajpeg昨日は青山月見ル君想フにて、いなかやろう企画のイベント『月を食べる怪獣』にお邪魔しました。素晴らしいイベント、出演者みんながそれぞれバラバラに見えながら、ちゃ~と大事なところは一本の線で力強く結ばれた、ホント素敵なイベントだった。
久しぶりに、良いイベント観れて嬉しくなった。胸がふくらんだ。
いなかやろうの皆さんは、音楽も人柄も裏表なくそのまんま楽しく切なくその時々の自分に確かに響くものを常に持ち続けている人たち。大好きです。
いつも、ありがとうございます。
『都会の迷子さん』にも、近いうちにまた出演してもらいたいです。

で、今回のイベント、出演者が素晴らしすぎました。
オープニングアクトを務めた寺尾ブッタさんは、月見ルのスタッフさん、歌声ははじめて、楽しそうだった。良い夜になるの確信できました。

お次は、真っ黒けぼっくす!ここのところ夢中です。月見ルぐらいのステージで観ると、ホント迫力感じる。大所帯なのにひとつひとつの音が決め細やかで、そして何よりみんな楽しくてたまらない!ってのが全体から感じることができた。お酒すすんだ。
ボーカルの大月さん、何だかカッコよい、普通に言われるカッコよさじゃないけど、ホントのカッコよさ感じる人。音楽と生活、それが渾然一体となったときのパワー、その力はホンモノだと思う。そこからしか、本来何も生まれないと思う。

da8c95cdjpegマーガレットズロース、先月のワンマン以来に観た。今回は短いステージでしまりのあるライブだった。相変わらず、ロックンロール。
「ベイビー」のうたは、ホントよいね。何度聴いてもウンウンと肯いてしまう。
そして、久しぶりに「斜陽」を聴くことができた。この曲は、ホント名曲だと思う。
生きることのどうしようもなさに真正面からぶつかってはじめて生まれる感情、それを曲にしたら、言葉にしたら、きっとこんな歌と音楽になるに違いない。
今、マーガレットズロースはとことんロックだ。8月には、念願のフラカンとの2マンが新宿LOFTである。
その日のために、その日燃えつくすために、彼は今とことんロックであり続けている。
フラカンファンの方にも、ぜひ観て頂きたい。素敵なバンドです。

shiba in car、港麻里さんと神宇和正博さん、おふたりのユニット。不思議な、でもとっても純粋な時間が流れていた。麻里さんのうたは、久々にスゥ~とはいってきた、舞い降りてきたような自然な歌声、聞き惚れた。大事なもの、またひとつ増えた。ありがとう。
いなかやろうが彼らをどうして呼んだのか、スゴク実感した。また観たい。

264ac8ccjpegそして、トリはいなかやろう。新曲、名前忘れたけどよかった。
このバンドは、ホント絵のような楽しげな佇まいが素敵だ。観てるだけでニヤニヤしてしまう。またまたお酒もすすむ。
真っ黒けの大月さんゲストでの「みんな元気」が素晴らしかった。この曲は、やっぱりライブで聴くと映える気がする。切なくも楽しい、そして毎日は切ないことだらけだからこそ、こんな楽しいひとときを誰もが夢見ているのだと思う。いなかやろうは、楽しげな風情でその切なさを痛いほど自覚しているんだと思う。だからこそ、あんなに楽しく演奏できるのだと。
馬鹿になるには馬鹿にはできない。さんざん無理しないと、やっぱり本当の馬鹿にはなれないのだ。もっと馬鹿になりたい。その才能がほしい。


dbcf9180jpeg先日、吉祥寺へ行って『都会の迷子さん』のチラシを撒いてきた。
バサラブックスに顔出したら、関根くん、小松くん、モリヤマくんが勢ぞろいしていた。
小松くん、モリヤマくんの若者に誘われdarchaでご飯食べた。
ナストマトカレーセットでビールを頼んだ。ハートランドビールっていう何とも美味なビールで気持ちよく酔った。良い時間過ごせた。ありがとう。やっぱり吉祥寺は好きだ。
で、帰りバサラに寄ったら、店主の関根くんが寅さん本をたくさん紹介してくれた。
寅さん、そして喜劇役者「渥美清」その人にものすごい興味がわいてきた。
僕はひとりの人好きになると、もうとことんはまってしまうのだけれど、渥美さんの生き方、人生観などもっともっと知りたいと思った。恋だと思う。
「人を好きなる」ことは、とても恥ずかしく自分をさらけ出してしまうことにもなるけど、やっぱりそこの気持ちは大切だと思う。そこからしか、何も生まれないと思う。

もっともっと闇へ、誰もいかないところへ進もうと思う。手探りで迷いながら、見たことないもの、感じたことないもの、これからも出会って行きたい。ただ、それだけが楽しみなのだ。それしかない、もはや。

今日のBGM:shiba in car/クラクション
(先行発売のCDを購入。人柄も音楽もいなかやろうみたいにそのままな素敵な人たちでした。ありがとうございます。)
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
佐藤正訓
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/04/15
職業:
ハヤシライスレコード
趣味:
名画座と古本屋めぐり
自己紹介:
レーベル:【ハヤシライスレコード】
イベント:【都会の迷子さん】

【ハヤシライスリリース情報】
■三輪二郎といまから山のぼり『おはよう おやすみ』(HAYA-1)
■前野健太『さみしいだけ』(HAYA-2)
■壊れかけのテープレコーダーズ『聴こえる』(HAYA-3)
■アカシモモカ『コスモポリタンパレード』(HAYA-4)
■いなかやろう『すばらしい日々』(HAYA-5)
■住所不定無職『ベイビー!キミのビートルズはボク!!!』(HAYA-6)
■オニ(fromあふりらんぽ)『SUNWAVE HEART』(HAYA-1001)

上記作品、全国レコード店にて好評発売中です!

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析

お天気情報

FX NEWS


-外国為替-

過酷人生ゲーム

忍者アナライズ