忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

君と僕は一生の友達なのさ

5b1f9817jpeg日曜は珍しく日曜らしいことをやろうと思い、今日は朝からコインランドリー行って溜まってた洗濯物を洗濯して、その間スーパーで買い物したり、公園のベンチで日向ぼっこしながら中島らもさんのエッセイを読んだりした。陽気が陽気なので、何ともボォ~とできた。こんな日がたまにあると嬉しい。
昼過ぎまでパソコンでいろいろと作業をした。気付いたら2時ごろ、そういえば新宿のタワレコでおとぎ話のインストアライブやってたよなぁ~と思い、小田急に乗ってこっそり駆けつけるも、既にイベントは終了していた。風間くんが片づけをしていた。
店内をウロチョロしてたらなんのこっちゃい西山。さんの後頭部が目に付いたので、話しかけてみた。そしたら、なかなか話が終わらず1時間ぐらい店内で話してしまった。
相変わらずの笑顔っぷりが眩しかった。これから円盤で山本精一さんのイベント行くとのこと、相変わらず忙しい人だ。
西山さんと新宿でちょっとデートして、夕方は高田馬場へ。大好きな映画館早稲田松竹で溝口健二監督の特集を観に行ってきました。
溝口健二さんの映画を映画館で観れる絶好の機会、今日を外したらもう当分観ることできなそうなのでどうしても行きたかった。
『雨月物語』、素晴らしすぎる。一人でウワァウワァてドキドキしていた。でも、他の人もきっとそれぞれウワァウワァて思ってたのかもしれない。何十年も前の作品なのに、今ここで起こっていることのように感じた。名作てそういうことなのか。一人納得した。京マチ子って役者さんは何ともこういう妖しげな演技がすごい。市川艮監督の『鍵』なんかのときもすごいのだ。恐いのだ。本当の人間の恐さ、恐ろしさが画面から飛び出してくる。
人間の愚かしさ、誠実であることの難しさ、どうしようもなさがこれでもかと描かれていた。
『近松物語』も良かった。いやぁ、やっぱりこの世の中、結局は「男と女」しかいないんだなぁと当たり前過ぎて忘れていることに気付いた。その素晴らしさと悲しさ、そんなものが一緒くたになってるのが「生きる」てことなのかもしれない。それがハッピーエンドとは限らなくとも、それぞれがそれぞれの気持ちでもって進んでいくしかない。またまた観ていていろいろ考えた。

映画観た後、夜の風がとっても気持ちよかったので早稲田辺りをぷらぷらと歩いてみた。早稲田にも銭湯がある。中年の男女が洗面器など持って歩いてる。何だかいい石鹸の匂いがした。
街ゆく女性も少しずつ薄着になって、またまたトキメキを増していくようだ。早稲田を歩く女の人はやっぱりどこか知的で、それでいてとっても可愛いかった。でも、そんな娘も誰かの大切な人だったりするんだろうなぁと思い、そろそろと駅へ足を向けた。

36468be6jpeg代々木上原に留めていた自転車で家路へ帰る。何だか少し遠回りしたい気分になった。
環七沿いの大好きなラーメン屋「麺通」へ寄った。ここの店主さん、愛想よくてとても好きだ。前は昼間もやっていたんだけど、もう一人の店員さんが体壊して実家へ帰ってしまい、それからは一人できりもりしている。
麺通は銀杏BOYZの峯田さんの日記にも書いてあるぐらい美味しいお店。ここの野菜番長が大好き。スープが絶妙な醤油味、魚がいい具合に入ってます。調子のってしまい、コップをこぼしてしまった。店主さん、ごめんなさい。

夜風に誘われ、近くの羽根木公園で冷たいコーヒー牛乳を飲んだ。
夜の公園はとってもひっそりしている。桜は、静かに舞っていた。
ベンチに腰掛け、夜空を見上げる。月は見えないけど、とってもよい夜だと思った。
ミュージシャンだったら、こんなときすっごく素敵な曲が書けるかもしれない。小説家だったら、みんなが感動してしまう物語が生まれてしまうんじゃないかと思った。
僕はなにものでもないので、ジョギングやウォーキングしている人の姿を見ながら、せめて明日のことを考えてみた。
どんなことも受け入れる強いココロが持ちたいと思った。器の小ささを思い知った。身に沁みた。

1202148_106.jpg4/11(金)、春の夜にぴったりのイベントを企画することになりました。
3/8の三輪の日に続くハヤシライスレコード企画第2弾イベント、【百年「と」うた】です。
吉祥寺の素敵な古本屋の百年さんで三輪二郎くん&二胡の吉田くんと金沢のメロウなシンガーソングライター杉野清隆さんとの、吉祥寺の春の宵にぴったりの弾き語りの夕べです。
開演は20:30、何だか映画のレイトショーみたいな感じです。
詳細は、百年さんのHPにUPされていますので、ぜひチェックしてみてください。お待ちしてます。来てくれた方には、三輪くんから一杯おごりたいと思います。よろしくです。
http://100hyakunen.com/

今日のBGM:eastern youth/たとえば僕が死んだら
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
佐藤正訓
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/04/15
職業:
ハヤシライスレコード
趣味:
名画座と古本屋めぐり
自己紹介:
レーベル:【ハヤシライスレコード】
イベント:【都会の迷子さん】

【ハヤシライスリリース情報】
■三輪二郎といまから山のぼり『おはよう おやすみ』(HAYA-1)
■前野健太『さみしいだけ』(HAYA-2)
■壊れかけのテープレコーダーズ『聴こえる』(HAYA-3)
■アカシモモカ『コスモポリタンパレード』(HAYA-4)
■いなかやろう『すばらしい日々』(HAYA-5)
■住所不定無職『ベイビー!キミのビートルズはボク!!!』(HAYA-6)
■オニ(fromあふりらんぽ)『SUNWAVE HEART』(HAYA-1001)

上記作品、全国レコード店にて好評発売中です!

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析

お天気情報

FX NEWS


-外国為替-

過酷人生ゲーム

忍者アナライズ