忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9月の冗談クラブバンド

c47dfacajpeg明日はいよいよ前野健太の1stアルバム『ロマンスカー』レコ発ライブです!
今年の1月に初めて彼のライブを観て、知り合いとなり、仕事仲間となり、ロマンスレコードのお手伝いをするようになった。この何ヶ月かでホント彼からはいろんなことを学びました。そして、自分も彼の歌に応えられるような仕事をしなければと思いました。まだまだ至らないところばかりで、逆に足手まといになることが多い。けれど、気持ちだけでも後押しできればと思う。でも、明日はホントに楽しみな気持ちでいっぱいだ。前野くんのことだから、またとんでもない一夜を用意してくれるに違いない。期待してます。

昨日は、高円寺の無力無善寺で無善法師さんと太郎さんと前野くんの弾き語り対決を観た。太郎さんは、前野くんに無善寺を紹介した人、とても熱くて若々しくて、そんでもってとってもイカシタ人だった。ロックだった。30なっても40なってもああいう歌を歌い続けてほしい。
前野くんのライブも変てこりんで楽しかった。無善寺で聴くと全ての音や言葉が少し普段と違って聴こえる。とても不思議な場所だ。
帰りは、大将で呑んだ。珍しく酔いまくった。フラフラしたのはホント久しぶりだった。でも、何だか楽しい夜だった。環七沿いをパラダイス・ガラージを聴きながら帰った。

今日、入荷したばかりのTheピーズのシングル『日が暮れても彼女と歩いた』を買った。帰りの電車の中でずっと聴いていた。アビさんのギターがもの凄い地響きを起こしていた。シンちゃんのドラムは、ある意味復活後のTheピーズの象徴のような安定感でもってズバズバ前へ進むリズムだ。そして、ハルさん、この人には何も言うことはない。ただベース弾いて歌ってる姿観れるだけど、ただステージの上でヘラヘラしてるだけで、それだけで僕は感動してしまう。何とかなるような気がしてくる。

タイトルは80年代のATG末期の作品の題名です。映画自体は普通だったけどタイトルが何だかワクワクした。今夜はそんな気分だ。

今日のBGM:Theピーズ/グライダー(Remix Version)
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
佐藤正訓
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/04/15
職業:
ハヤシライスレコード
趣味:
名画座と古本屋めぐり
自己紹介:
レーベル:【ハヤシライスレコード】
イベント:【都会の迷子さん】

【ハヤシライスリリース情報】
■三輪二郎といまから山のぼり『おはよう おやすみ』(HAYA-1)
■前野健太『さみしいだけ』(HAYA-2)
■壊れかけのテープレコーダーズ『聴こえる』(HAYA-3)
■アカシモモカ『コスモポリタンパレード』(HAYA-4)
■いなかやろう『すばらしい日々』(HAYA-5)
■住所不定無職『ベイビー!キミのビートルズはボク!!!』(HAYA-6)
■オニ(fromあふりらんぽ)『SUNWAVE HEART』(HAYA-1001)

上記作品、全国レコード店にて好評発売中です!

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析

お天気情報

FX NEWS


-外国為替-

過酷人生ゲーム

忍者アナライズ